F21

8のつく日はポイント2倍
LINE友だち追加で100円OFFクーポンプレゼント

提携養蜂場

寄居町

埼玉県寄居町武州の郷梅林

  • 梅の苗木を植えました

    梅の苗木を植えましたイメージ画像

    私たちは、平成元年に寄居町中間平(ちゅうげんだいら)の農家の方を訪ねました。当時中間平には、たくさんの桑の木が栽培されていました。そこに農家の皆さんと一緒に梅の苗木を植えました。当初植えた品種は「白加賀」でした。比較的寒さに強く梅酒や蜂蜜漬けに適しているということで、約600本を植樹しました。その後、梅干しに適してしている和歌山産の「南高梅」を新たに植えたのです。
    その苗木も今では立派な梅の実を実らせるまでに成長し、今では年間40~50トンもの梅の実が収穫されます。

  • ミツバチが花粉を運びます

    ミツバチが花粉を運びますイメージ画像

    果物の栽培する場合、交配ににミツバチを使用することは珍しくありません。この梅林にもミツバチが交配用として活躍しています。
    梅林には、武州養蜂園の巣箱が梅の交配用に30箱程度置いてあります。他にも地元の農家の巣箱が20箱、信越の上田からリンゴの交配のために養蜂家が運んで来たものが30箱。それらの巣箱にいるミツバチは全部で200~300万匹にもなります。その3分の1が蜜を集める働き蜂なので、常に100万匹のミツバチが、この中間平を飛んでいることになります。また、ミツバチの飛ぶ範囲は、半径3km四方にもなるので、近くの農産物の交配を助け、今年も大豊作間違いなしです。

  • 昔ながらのやさしい梅干し

    昔ながらのやさしい梅干しイメージ画像

    食卓に添えられた小さな一粒が、私たちに元気と健康を与えてくれます。初夏の日差しを浴びた、小粒たちがほっと心にも栄養を与えてくれそうです。そんな梅干しが作られる「武州の郷梅干し加工所」は、関東平野が一望できるのどかな山麓にあります。武州養蜂園の梅干しは、この自然の中でひとつひとつ手作りで作られています。「昔、おばあちゃんが作ってくれた家庭の味」を、中間平から皆さまのご家庭にお届けします。

梅製品一覧へ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ