F21

8のつく日はポイント2倍
LINE友だち追加で100円OFFクーポンプレゼント

提携養蜂場

山東省烟台

烟台武州養蜂園アカシア養蜂場

  • 烟台市ってどんなところ?

    烟台市ってどんなところ?イメージ画像

    日本から飛行機でたったの2時間半。海を望む人口600万人の商業都市である烟台市は中国山東省にあります。緯度も気候も日本の仙台市とほぼ同じです。烟台市外から車で4時間ほどの所に、大自然に原生するアカシアの森があり、その一角に武州養蜂園アカシア養蜂場があります。

  • どうしてこの場所を選んだの?

    どうしてこの場所を選んだの?イメージ画像

    どうしてこの場所を選んだの?イメージ画像

    花の量と開花時期は、その年の天候によって左右されます。年によってハチミツの採れる量も異なります。通常ハチミツ商品には、そのハチミツが採れた花の種類を明記します。開花量の少ない年や花の少ない場所で採れたハチミツに、特定の花の名前を明記することは、非常に難しいことです。花の名前がついているハチミツでも、他の花蜜が混ざってしまうこともあります。
    そうなると、本当の花蜜の"風味"を味わうことができません。花を100%限定できるハチミツを採るには特定の花が豊富に咲いている土地で養蜂を営むしかないのです。そこで私たちは、国土面積が大きく、自然の多い中国に「養蜂基地を作ってしまおう。そして、どこよりも美味しい、どこよりも安全なハチミツを採ろう。」と考えたのです。
    “ハチミツ大国 中国”の中でも、烟台市はアカシアの原生林が豊富であることで有名な地域です。私たちは、1996年にその烟台市に日本独資会社を設立しました。中国国内でも有数の研究設備を装備した研究施設で日々研究を重ねています。

  • 日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産です

    日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産ですイメージ画像

    日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産ですイメージ画像

    日本国内で消費されているハチミツのほとんどが中国産であることをご存知でしょうか?
    今や人間の手が加わらない自然が少なくなくなってしまった日本において、ハチミツを採ることは容易でありません。日本は領土が狭い上に、ミツバチがハチミツを集められるような自然が減り続けています。そのため、その生産量は年々減り続けています。
    国産ハチミツの生産量は年間2,600t前後で全体消費量の6%程度に過ぎません。また、ローヤルゼリーの国内生産量は約3tで全体消費量の約0.4%とごくわずかです。
    2005年に輸入されたハチミツの総輸入量43,162tの中で、中国産は39,023tと全体の90.4%を占めています。2005年に輸入されたローヤルゼリーの総輸入量は735t、その中で中国産は687tと全体の93.4%を占めています。私たち日本人が口にしているハチミツ、ローヤルゼリーのほとんどが中国産なのです。

  • 日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産です

    日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産ですイメージ画像

    日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産ですイメージ画像

    日本で消費されるハチミツの8割以上が中国産ですイメージ画像

    「国外産ハチミツ、ローヤルゼリーは農薬は大丈夫ですか?」というお客様の声をよく耳にします。農薬のついた植物の花からミツバチが蜜を採り、巣に持ち帰って、農薬がハチミツ等に溶け込んでいるのではないかと心配されているようです。
    人間が農薬を散布する最大の目的はなんでしょうか。食物に害虫(虫)等がつかないようにすることが一番の目的です。ミツバチも虫の仲間です。もし農薬がついた植物があったとしたら、ミツバチは絶対その花には近寄りません。また、輸入ハチミツ、ローヤルゼリーが日本国内に輸入される場合、いくつもの厳しい検査を行い、検査の内容に合格しないと輸入できません。特に中国産のハチミツ、ローヤルゼリーは他の国外産ハチミツ、ローヤルゼリーの中でも、もっとも厳しい検査基準をクリアしないと輸入できないのです。言い換えれば、特に検査が義務づけられていない国産と比べて安全と言えるのです。
    烟台武州養蜂園は養蜂家と提携し、どこよりも安全、安心なハチミツを生産することを目的としています。私たちは万全の研究環境を維持するため、2002年春に国際標準規格ISO9001取得しました。品質検査に合格したアカシアハチミツは鮮度を保つため密閉し、ローヤルゼリーは瞬間冷蔵させた状態で、日本へと運ばれます。日本に運ばれたハチミツ、ローヤルゼリーは厚生労働省の管轄下で、更に厳しい検査がおこなわれます。その検査に合格したハチミツ、ローヤルゼリーだけが、日本の武州養蜂園熊谷工場へと運ばれるのです。
    日本の工場に運ばれたハチミツ、ローヤルゼリーはひとつひとつ手作業で瓶詰めされます。中国の「烟台武州養蜂園」と日本の「武州養蜂園」は、これからもどこよりも安全なハチミツ、ローヤルゼリーを、皆さまにお届けしてまいります。

花の露商品一覧へ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ