おいしさの秘密

コンドロイチンとは




ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味の栄養素。「コンドロイチン硫酸」はコラーゲンやヒアルロン酸と結合し「コンドロイチン硫酸たんぱく複合体」となって、 その名の通り、関節部分にある軟骨の一部を構成します。 そして、そのネバネバした性質の活かし、ひじ、ひざ、腰などの関節にかかる圧力を和らげる役割を果たしています。しかし、この大切な「コンドロイチン硫酸」は、加齢とともに体内から減少するのです。

「軟骨が削れる」という話を聞いたことはありませんか?
それは軟骨が削れるのではなく、体内の「コンドロイチン硫酸」の減少を表していたのです。 ですから、ふしぶしの元気を保ち、ゴルフやダンスを楽しむためには、「コンドロイチン硫酸」の補給が欠かせません。



コンドロイチン硫酸の原材料となるものには、数種類の動物がいます。
従来はクジラ由来のものが主流でした。 その後、クジラの捕獲が禁止され、のちに牛、豚、鶏、サメに移行していきました。

しかし、牛はBSE(牛海綿状脳症)、豚は口蹄病、鶏はインフルエンザの影響で現在は、そのほとんどが使用禁止又は使用を自粛されています。 現在、使用できる原材料のほとんどがサメ由来の製品です。


一口にコンドロイチン硫酸といっても
「A型」、「B型」、「C型」、「D型」があり、
その中でも人間に必要なのが、「A型」と「C型」です。

特に「A型」は、人間の体内で生成できる量が、20歳頃から減少し、
50歳になると必要量の20分の1になると言われています。

ですから、私たちは、加齢するにつれて「A型」を
上手に補給しなければなりません。

今、市場に出回ってるサメ由来コンドロイチンには、
「C型」と「D型」しか含まれていません。

だから、人が失っていく「A型」と「C型」の両方を
補うことができる「鮭抽出コンドロイチン硫酸」を
おすすめします。


ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味の栄養素。
「コンドロイチン硫酸」はコラーゲンやヒアルロン酸と結合し「コンドロイチン硫酸たんぱく複合体」となって、 その名の通り、関節部分にある軟骨の一部を構成します。

そして、そのネバネバした性質の活かし、ひじ、ひざ、腰などの
関節にかかる圧力を和らげる役割を果たしています。
しかし、この大切な「コンドロイチン硫酸」は、加齢とともに体内から減少するのです。

「軟骨が削れる」という話を聞いたことはありませんか?

それは軟骨が削れるのではなく、体内の「コンドロイチン硫酸」の減少を表していたのです。
ですから、ふしぶしの元気を保ち、ゴルフやダンスを楽しむためには、「コンドロイチン硫酸」の補給が欠かせません。




軟骨、結合組織、粘液に含まれるムコ多糖類の一種で、細胞レベルでの保水力に深くかかわっています。さらに、細胞へ栄養を運んだり、細胞から老廃物を運び出す働きがあります。



60兆にも及ぶ細胞と細胞をつなぎとめ、細胞と細胞を支えている身体の土台です。
身体を構成するたんぱく質の約1/3がコラーゲンで、ほぼ全身に存在しています。



高分子多糖であり、粘性が高く、動物の結合組織との共存により、
保水能力における相乗効果が期待されます。



筋肉や臓器を作るほか、身体のエネルギー源になるとても重要な成分です。
人間の身体のうち約6割は水分で、残りの半分がたんぱく質です。




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ