F21

8のつく日はポイント2倍
LINE友だち追加で100円OFFクーポンプレゼント

おいしさの秘密

しょうがの基礎知識|主な種類・栄養成分・長持ちする保存方法も解説

しょうがの基礎知識|主な種類・栄養成分・長持ちする保存方法も解説

しょうが(生姜)は、食材や調味料として多くの人が活用する野菜のひとつです。身近な存在であるものの、しょうがの種類・栄養成分・保存方法を詳しく知っている人はあまり多くありません。しょうがは想像以上に奥が深い野菜です。

今回は、しょうがの種類から栄養成分、おすすめの調理方法、おいしさを損なわない保存方法までを紹介します。しょうがが持つ魅力を最大限発揮するために、ぜひ当記事を参考にしてください。

1.しょうがの基礎知識|主な3つの種類について

しょうがは、ショウガ科に属する多年草であり、世界中で香辛料や調味料として親しまれている植物です。食欲増進作用や殺菌作用を持つことから、民間伝承として扱っている国もあります。

しょうがは広範囲に分布しているため、原産地は未だに解明されていません。
国内消費量の半分は輸入されていますが、日本国内でも盛んに栽培されています。

しょうがは、収穫時期や出荷時期によっていくつかの種類に分かれ、それぞれ風味・食感・用途が異なります。

ここからは、日本で一般的に流通しているしょうがの種類を紹介します。

1-1.新しょうが

新しょうがは、しょうがの根の部分が育ったばかりの頃に収穫・出荷されたものです。
6月~8月末頃にしか新しょうがを手に入れることはできません。

一般的なしょうがよりも、繊維質が柔らかく水分を豊富に含んでおり、辛みや風味がマイルドであることが特徴です。みずみずしくシャキシャキとした食感と風味を楽しむために、生で食べることがおすすめです。

1-2.ひねしょうが

茶色くて固い一般的なしょうがが、ひねしょうがです。収穫後のしょうがを一定期間貯蔵したあとに出荷したものを、ひねしょうがと呼びます。

新しょうがよりも繊維質が多く、風味や辛みも強いことが特徴です。
貯蔵性が高いため年間を通して流通しており、料理の薬味や香辛料として多方面で活用されています。

1-3.親しょうが

親しょうがとは、しょうがを栽培する際の種として使用したしょうがのことです。
種として使用した親しょうがも子株と一緒に食べることができます。

子株に栄養を吸い取られているため、親しょうがはかなり固く辛みが強いことが特徴です。
クセが強いことから生食には不向きですが、煮物や煮付けなどの煮込み料理に使用すると繊維質が柔らかくなり、おいしく食べられます。

2.しょうがの栄養成分|期待される効果・効能

しょうがは、健康面においてさまざまな効果・効能を持つ栄養成分も含んでいます。
しょうがに期待できる効果・効能には以下が挙げられます。

  • めぐりの改善
  • 活性力の向上
  • 消化・吸収のサポート

このような効果・効能を持つ理由は、「ジンゲロール」と「ショウガオール」というしょうが特有の成分にあります。

■ジンゲロール

ジンゲロールは、生のしょうがに多く含まれている成分で、殺菌作用を持つことが特徴です。生魚などの消臭や食中毒予防としても活用されています。

■ショウガオール

ショウガオールは、めぐりを改善してポカポカとした温もりを与える成分です。
内部から温めることができるため、活性力アップや日々の予防にも効果があります。

3.しょうがを使った絶品レシピ

豊かな風味や香りを持つしょうがは、さまざま料理に活用されています。
しょうがの用途は幅広く、万能食材・万能調味料と例えられることもあるほどです。

ここからは、しょうがの特徴を活かしたおすすめのレシピを2つ紹介します。
ぜひ普段の献立に加えてみてください。

3-1.しょうが料理の定番【しょうが焼き】

しょうが焼きは、しょうがを活用した料理の代表格です。しょうがの風味と香りがお肉に絡むことで、おいしさも食欲も引き立たせてくれます。
白ご飯との相性も抜群であるため、昼食や夕食のおかずとしても人気のメニューです。

■材料(4人分)

  • 豚ロース…600g
  • 薄力粉…大さじ2
  • ごま油…大さじ2
  • キャベツ…300g

(A)

  • すりおろししょうが…大さじ4
  • しょうゆ…大さじ4
  • 砂糖…大さじ2
  • 料理酒…大さじ2

■作り方

  • ① キャベツの芯を切り落とし、千切りにします。
  • ② 豚ロースに薄力粉をふるい、下ごしらえをします。
  • ③(A)をボウルに入れて混ぜ合わせ、タレを作ります。
  • ④ フライパンを中火で熱してごま油をひき、豚ロースの両面を焼き色が付くまで焼きます。
  • ⑤ フライパンにタレを入れて、中火で炒めて豚肉にタレをなじませます。
  • ⑥ 千切りにしたキャベツとしょうが焼きをお皿に盛りつけて完成です。

しょうが焼きは用意する材料がそれほど多くなく、手早くおいしいおかずを作れることが魅力です。上記の材料は家族4人を想定しているため、人数に合わせて調整してください。

3-2.簡単にできる万能調味料【しょうがみりん】

しょうがはすりおろして香辛料や調味料として使用することが一般的ですが、しょうがを材料に「みりん」を作ることもできます。
しょうがみりんは、日本料理を中心にどのようなジャンルにも合うため、ぜひ作ってみましょう。

■材料

  • しょうが…100g
  • みりん…1カップ

■作り方

  • ① しょうがの皮を剥いてすりおろします。
  • ② 鍋にすりおろしたしょうがとみりんを入れて、中火にかけます。
  • ③ 沸騰したら弱火に切り替えて、7~8分ほど煮込みます。
  • ④ 鍋を下ろしたら素早く冷まします。
  • ⑤ 粗熱がとれたら瓶などの保存用容器に移して完成です。

しょうがみりんは、みりんの甘みとしょうがの爽やかな刺激・風味が豊かな万能調味料です。さまざまな料理に使用すれば、いつもの食事のおいしさを引き立たせてくれるでしょう。

4.しょうがの保存方法

しょうがはさまざまな機能性を持つ野菜ですが、保存方法を間違えるとすぐに傷んでしまうというデリケートな一面も持ちます。しょうがの鮮度や風味を損なわず、おいしい状態を長持ちさせるためには、しょうがの適切な保存方法を知っておくことが重要です。

最後に、ひねしょうが・新しょうがの保存方法を、冷蔵保存と冷凍保存に分けて紹介します。

■ひねしょうがの保存方法

  • 冷蔵保存

    1.しょうがを水洗いして、清潔な保存容器に入れて水を注ぎます。
    2.蓋を閉じて冷蔵庫の冷蔵室に保存して、2~3日を目安に水を入れ替えます。

    しょうがの乾燥を防ぐことができるため、水をこまめに入れ替えれば、1か月ほど保存することができます。

  • 冷凍保存

    1.しょうがを水洗いして、千切りやすりおろしなど使いやすい状態に加工します。
    2.一度に使う量に小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れます。
    3.冷凍庫で保存します。

    しょうがはそのまま冷凍できるため、すぐに使える状態で保存したい場合は冷凍保存が便利です。冷凍したしょうがを使用する際は、解凍せずにそのまま調理に使用しましょう。

■新しょうがの保存方法

  • 冷蔵保存

    1.乾燥を防ぐために、新しょうがをキッチンペーパーなどに包んでポリ袋に入れます。
    2.冷蔵庫の野菜室に入れて保管します。

    新しょうがは水分が豊富であるため、水分が飛ばないように注意して冷蔵保存すれば、10日ほど保存することができます。

  • 冷凍保存

    1.新しょうがを水洗いしたあと、スライスや千切りなど、使いやすい形に加工します。
    2.小分けにしてバットなどに乗せて一度凍らせます。
    3.さらに小分けにラップをして、冷凍用保存袋に入れて保存します。

    新しょうがもひねしょうがと同じく、冷凍保存することによって1か月ほど保存することができます。ただし、冷凍すると鮮度や風味が損なわれやすいため、早めに使ってしまいましょう。

しょうがは、種類によって適切な保存方法が違います。しょうがの種類や使い方に応じて、適切な方法で保存しましょう。

まとめ

独特の風味や香りを持つしょうがは、食材としても調味料としても普段の食生活に欠かせない存在です。しょうがは「新しょうが」「ひねしょうが」「親しょうが」の3種類に分けられます。それぞれ特徴が異なるため、料理に応じて使い分けるとよいでしょう。

また、しょうがは適切に保存すれば、風味や香りを長く味わうことができます。基本的には冷蔵もしくは冷凍のいずれかの方法で保存しましょう。

しょうがは、健康にうれしい栄養素も豊富に含んでいます。今回紹介したレシピを参考に、普段の食生活にしょうがを取り入れてみましょう。

花の露とは




武州養蜂園では、ハチミツに対するお客さまの声を商品づくりに反映させるために、18年前に2,000人の主婦を対象としたアンケートを行いました。 その中で聞こえてきたのが、「ハチミツが健康に良いのはわかるけど、使いにくい」という声。その一言に従業員一同、愕然としました。 しかし同時に、我々の胸中に、「ハチミツの良さは知っていただけている。 だったら、もっと手軽に使えて、おいしいハチミツを作らなければ!」という共通の使命が生まれたのです。 その時、今までにない使いやすさをもったハチミツづくりへの挑戦が始まったのです。



まず、“独特な香り”と“固まりやすさ”を解決するために、ハチミツの中でも一番香りが少なく、結晶しにくいアカシアの花から採蜜したハチミツを選択。 また、ミツバチがハチミツを作る時、羽で水分を飛ばしていることに注目し、水分を飛ばしきる前のハチミツを採蜜する技術により、簡単に“冷たい水にも溶ける”ようになりました。 そして、使った後も“タレない、ベト付かない”特性容器「キッチンボトル」を、試行錯誤の末に完成させ、当社No.1のヒット商品「花の露」が誕生しました。


ハチミツに花の名前が付いていることは、ご存知でしょうか?  アカシア、クローバー、レンゲ、ひまわり、りんご、菜の花、そばの花等、季節や場所により様々なハチミツを集めることができます。 中でもアカシアの花から採れたハチミツは味や香りにクセがなく、日本人に一番好まれると言われています。 また、ハチミツの中でも比較的結晶しづらい種類です。ですから、「花の露」は保存場所を選ばず、お料理の甘味料、パンやコーヒー等に手軽にお使いいただけます。


ハチミツは、砂糖に比べて低カロリー、高ミネラルの優れた甘味料です。また、ミツバチによって既に単糖類に分解されているので、体内で消化吸収がスムーズにおこなわれます。







糖は炭水化物よりも身体に吸収されやすく、食べるとすぐに元気になる物質です。

ブドウ糖  果糖  ショ糖



体内での代謝を助ける大切な物質です。

グルコースオキシダーゼ  ジアスターゼ  インベルターゼ
ビタミンB12  パテント酸  イノシトール  ホスファターゼ



人体の機能を正常に働かせるために欠かることのできない栄養素。その多くは、必要な量を体内では合成することができないので、食事などで、外から補給しなければなりません。

ビタミンC  ビタミンB1  ビタミンB2  ビタミンB6  ナイアシン  パテント酸



生物の生命活動において産出され、人の体の中でも生成されている有用な酸です。

クエン酸  乳酸  リンゴ酸  グルコン酸



私たちの身体を構成する細胞を構成し、代謝活動でも中心的な働きをする栄養素です。

カルシウム  マグネシウム  鉄  銅  カリウム



人間のカラダの細胞、ホルモン、酵素などを形成。また、カラダにとって様々な重要な機能を担っている栄養素です。

プロリン  グルタミン酸  アスパラギン酸  ロイシン  リジン  アルギニン



ハチミツ特有の香りを作り出している物質です。

フラボノイド  カルボン酸  テルペノイド



アセチルコリン





コンドロイチンとは




ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味の栄養素。「コンドロイチン硫酸」はコラーゲンやヒアルロン酸と結合し「コンドロイチン硫酸たんぱく複合体」となって、 その名の通り、関節部分にある軟骨の一部を構成します。 そして、そのネバネバした性質の活かし、ひじ、ひざ、腰などの関節にかかる圧力を和らげる役割を果たしています。しかし、この大切な「コンドロイチン硫酸」は、加齢とともに体内から減少するのです。

「軟骨が削れる」という話を聞いたことはありませんか?
それは軟骨が削れるのではなく、体内の「コンドロイチン硫酸」の減少を表していたのです。 ですから、ふしぶしの元気を保ち、ゴルフやダンスを楽しむためには、「コンドロイチン硫酸」の補給が欠かせません。



コンドロイチン硫酸の原材料となるものには、数種類の動物がいます。
従来はクジラ由来のものが主流でした。 その後、クジラの捕獲が禁止され、のちに牛、豚、鶏、サメに移行していきました。

しかし、牛はBSE(牛海綿状脳症)、豚は口蹄病、鶏はインフルエンザの影響で現在は、そのほとんどが使用禁止又は使用を自粛されています。 現在、使用できる原材料のほとんどがサメ由来の製品です。


一口にコンドロイチン硫酸といっても
「A型」、「B型」、「C型」、「D型」があり、
その中でも人間に必要なのが、「A型」と「C型」です。

特に「A型」は、人間の体内で生成できる量が、20歳頃から減少し、
50歳になると必要量の20分の1になると言われています。

ですから、私たちは、加齢するにつれて「A型」を
上手に補給しなければなりません。

今、市場に出回ってるサメ由来コンドロイチンには、
「C型」と「D型」しか含まれていません。

だから、人が失っていく「A型」と「C型」の両方を
補うことができる「鮭抽出コンドロイチン硫酸」を
おすすめします。


ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味の栄養素。
「コンドロイチン硫酸」はコラーゲンやヒアルロン酸と結合し「コンドロイチン硫酸たんぱく複合体」となって、 その名の通り、関節部分にある軟骨の一部を構成します。

そして、そのネバネバした性質の活かし、ひじ、ひざ、腰などの
関節にかかる圧力を和らげる役割を果たしています。
しかし、この大切な「コンドロイチン硫酸」は、加齢とともに体内から減少するのです。

「軟骨が削れる」という話を聞いたことはありませんか?

それは軟骨が削れるのではなく、体内の「コンドロイチン硫酸」の減少を表していたのです。
ですから、ふしぶしの元気を保ち、ゴルフやダンスを楽しむためには、「コンドロイチン硫酸」の補給が欠かせません。




軟骨、結合組織、粘液に含まれるムコ多糖類の一種で、細胞レベルでの保水力に深くかかわっています。さらに、細胞へ栄養を運んだり、細胞から老廃物を運び出す働きがあります。



60兆にも及ぶ細胞と細胞をつなぎとめ、細胞と細胞を支えている身体の土台です。
身体を構成するたんぱく質の約1/3がコラーゲンで、ほぼ全身に存在しています。



高分子多糖であり、粘性が高く、動物の結合組織との共存により、
保水能力における相乗効果が期待されます。



筋肉や臓器を作るほか、身体のエネルギー源になるとても重要な成分です。
人間の身体のうち約6割は水分で、残りの半分がたんぱく質です。







プロポリスとは




プロポリスは以前、「ハチヤニ」と言われていました。 現在は「プロポリス」で通用します。 プロポリス語源はギリシャ語でプロは「前」、 ポリスは「都市」、すなわち「都市=蜂の巣」の前にあって、 都市全体を守るという意味です。 プロポリスはミツバチが花々の花粉や樹木の皮、 樹液などからヤニを集めてきて噛み続け、 それがミツバチ唾液と混ざり合わさって”ニカワ状の物質”に 変化していきます。 このプロポリスは、ミツバチが巣を作るときに使う 接着剤(パテ)にもなり、これを使って巣をつくったり 傷ついた巣を補修もします。


ミツバチの巣の中は、ほとんど無菌の環境で、1つの巣あたり、10万匹近いミツバチがいても、プロポリスの存在のお陰で、ごくわずなバクテリアしかいません。 プロポリスにバクテリアを死滅させる成分が含まれているからです。 1960年代前半、数多くの昆虫を対象にバクテリアの有無を調査したところ、体に有害微生物がいないのはミツバチだけであることが明らかになりました。


プロポリスは、紀元前6000年、古代エジプト時代の僧達が、死体をミイラにするのに用いていたという、詳細な記述が、動物誌(アリストテレス箸)の中に残されています。 また、古代ローマの哲学者、ヴァローも、農業論という著書の中で、プロポリスがいろいろな分野で使用されたことを述べています。 インカなどでも、プロポリスが様々な用途で使われていたといいます。


プロポリスには数多くのフラボノイド類が含まれていることがわかっています。 プロポリスが驚異的なパワーの秘密はフラボノイドに隠されているわけですが、残念なことに、現在でもその全部が判明しているわけではありません。 現在、プロポリスに含まれているとされるフラボノイド類の種類はじつに500種に及んでいますが、研究がさらに進めばもっと増える可能性があります。




抗菌作用など、プロポリスにさまざま効果をもたらしている物質です。

フラボノイド  有機酸  桂皮酸



私たちの身体を構成する細胞を構成し、代謝活動でも中心的な働きをする栄養素です。

マグネシウム  マンガン  カルシウム  鉄  銅  亜鉛



人体の機能を正常に働かせるために欠かすことのできない栄養素。その多くは、必要な量を体内では合成することができないので、食事などで、外から補給しなければなりません。

プロビタミンA  ビタミンB1  ビタミンB2  ビタミンE  ビタミンP  ナイアシン  葉酸





ローヤルゼリーとは




ミツバチは、1つの巣を住処として集団で生活しています。巣の中には、1匹の女王バチを中心に、働きバチとオス蜂が群(コロニー)をなして住んでいます。 働きバチがすべてメスであることをご存じでしょうか?女王バチが産んだ卵には受精卵と未受精卵があり、受精卵からはメス蜂、未受精卵からはオス蜂が生まれます。 女王蜂も働きバチも、もとは同じ受精卵から生まれるのです。春になると、巣の下部に王台という女王蜂のための特別な巣房が用意されます。 玉台に産みつけられた卵は、3日後に孵化(ふか)し、大量のローヤルゼリーが与えられます。一方、働きバチになる幼虫は、 初めのうちこそローヤルゼリーと差のないえさが与えられますが、孵化後まもな花粉やハチミツが混ざったものに切りかえられます。 働きバチはメスですが、通常は産卵を行いません。女王バチになるか働きバチになるかは、幼虫のときの食べ物の違いによって決まるのです。


ハチミツは、働き蜂が花から集めてきた花蜜を、ミツバチの持つ酵素の力で、果糖やブドウ糖、その他に分解したものです。 花粉とともに働きバチの食べ物になります。ローヤルゼリーは、ハチミツのように花から集められたものではなく、羽化して1週間後の若い働き蜂出す、乳白色のクリーム状の物質です。


アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど、私たち人間にとっての必須栄養素が、ローヤルゼリーにはバランス良く配合されています。 さらにデセン酸は、自然界ではローヤルゼリーにしかない特有成分で、その効果が期待されています。 薬品、食品、そして化粧品など、さまざまな分野で研究が進められているローヤルゼリー。今、そのメカニズムが徐々に明らかになってきました。 「ローヤルゼリーが人類に革命を起こす」。そんな日がすぐそこまで来ています。




人間のカラダの細胞、ホルモン、酵素などを形成。また、カラダにとって様々な重要な機能も担っている栄養素です。

●必須アミノ酸
 リジン  メチオニン  フェニールアラニン  バリン  ロイシン
 スレオニン  イソロイシン  トリプトファン

●アミノ酸
 アルギニン  プロリン  γ-アミノ酸  ヒスチジン  セリン
 グルタミン酸  チロシン  タウリン  β-アラニン  シスチン
 オキシプロリン  グリシン  アスパラギン酸



人体の機能を正常に働かせる為に欠かすことのできない栄養素。その多くは、必要な量を体内では合成することができないので、食事などで、外から補給しなければなりません。

ビタミンB1  ビタミンB2  ビタミンB6  ビタミンB12  パテント酸
イノシトール  葉酸  ナイアシン  ビオチン



私たちの身体を構成する細胞を構成し、代謝活動でも中心的な働きをする栄養素です。

リン  銅  鉄  亜鉛  カルシウム  マンガン  マグネシウム



ローヤルゼリーだけが持つ、他の物質には存在しない4種類の特有成分です。

デセン酸(10-ハイドロキシ-δ-2 デセン酸)  類パロチン
アセチルコリン  ビオブテリンなど




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ