おいしさの秘密

ローヤルゼリーとは




ミツバチは、1つの巣を住処として集団で生活しています。巣の中には、1匹の女王バチを中心に、働きバチとオス蜂が群(コロニー)をなして住んでいます。 働きバチがすべてメスであることをご存じでしょうか?女王バチが産んだ卵には受精卵と未受精卵があり、受精卵からはメス蜂、未受精卵からはオス蜂が生まれます。 女王蜂も働きバチも、もとは同じ受精卵から生まれるのです。春になると、巣の下部に王台という女王蜂のための特別な巣房が用意されます。 玉台に産みつけられた卵は、3日後に孵化(ふか)し、大量のローヤルゼリーが与えられます。一方、働きバチになる幼虫は、 初めのうちこそローヤルゼリーと差のないえさが与えられますが、孵化後まもな花粉やハチミツが混ざったものに切りかえられます。 働きバチはメスですが、通常は産卵を行いません。女王バチになるか働きバチになるかは、幼虫のときの食べ物の違いによって決まるのです。


ハチミツは、働き蜂が花から集めてきた花蜜を、ミツバチの持つ酵素の力で、果糖やブドウ糖、その他に分解したものです。 花粉とともに働きバチの食べ物になります。ローヤルゼリーは、ハチミツのように花から集められたものではなく、羽化して1週間後の若い働き蜂出す、乳白色のクリーム状の物質です。


アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど、私たち人間にとっての必須栄養素が、ローヤルゼリーにはバランス良く配合されています。 さらにデセン酸は、自然界ではローヤルゼリーにしかない特有成分で、その効果が期待されています。 薬品、食品、そして化粧品など、さまざまな分野で研究が進められているローヤルゼリー。今、そのメカニズムが徐々に明らかになってきました。 「ローヤルゼリーが人類に革命を起こす」。そんな日がすぐそこまで来ています。




人間のカラダの細胞、ホルモン、酵素などを形成。また、カラダにとって様々な重要な機能も担っている栄養素です。

●必須アミノ酸
 リジン  メチオニン  フェニールアラニン  バリン  ロイシン
 スレオニン  イソロイシン  トリプトファン

●アミノ酸
 アルギニン  プロリン  γ-アミノ酸  ヒスチジン  セリン
 グルタミン酸  チロシン  タウリン  β-アラニン  シスチン
 オキシプロリン  グリシン  アスパラギン酸



人体の機能を正常に働かせる為に欠かすことのできない栄養素。その多くは、必要な量を体内では合成することができないので、食事などで、外から補給しなければなりません。

ビタミンB1  ビタミンB2  ビタミンB6  ビタミンB12  パテント酸
イノシトール  葉酸  ナイアシン  ビオチン



私たちの身体を構成する細胞を構成し、代謝活動でも中心的な働きをする栄養素です。

リン  銅  鉄  亜鉛  カルシウム  マンガン  マグネシウム



ローヤルゼリーだけが持つ、他の物質には存在しない4種類の特有成分です。

デセン酸(10-ハイドロキシ-δ-2 デセン酸)  類パロチン
アセチルコリン  ビオブテリンなど




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ